yamanekoのサクサク日記

yamaneko39.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ちっちゃいおっちゃん③

潜在意識という名のちっちゃいおっちゃん。


私たちは過去の記憶を一生懸命再生しながら
自分のセルフイメージをこのおっちゃんに刷り込んでるんですね。

「私は人見知り」
「私は根気がない」
「私はネガティブ」

「人生は思い通りにならない」
「目標を達成するには何かを犠牲にして努力しないといけない!」
「お金を得るためにはイヤな事もガマンしなくてはいけない!」

そして忠実なおっちゃんは
「おおせのままに!」パソコンをカチカチカチ!


ちょお~~~っと待ったぁ!!


なんか違うぞ。
そんなこと望んでない。
だけど、目の前に現われてる現実は自分の心の現われ。
内側で起こってることしか外側に起こらない。
う~~~ん・・・。


こんな話も聞いた。
「自分はどれだけがんばってもせいぜい〇〇円くらいの収入やろう」
そうすると、ちっちゃいおっちゃんは
「はいはい、わかりました」
もしかそれ以上の収入があろうものなら
「おおっ!!危ない危ない!」とばかりに全身に指令を出す。
そうすると突発的にお金が出て行く事態が起こる。
病院に行くとか、コンタクト落とすとか、お祝いとかお餞別とか・・・。


そればかりか、例えば普段お財布に入れてる金額をキッチリ決めてたりすると、
たまたま沢山入れたりした日はちっちゃいおっちゃんが大慌てするらしい。
「あかんやん!!決められた金額より多いやん!!」って。
で、どうするかというと・・・・・落としたりするらしいよ~~。
(以外に短絡的なのね、おっちゃん。)


この愛すべきおっちゃんと仲良くなるのは結構大変だ。
でも決して私を懲らしめようとしてるんじゃない。
一生懸命、忠実に私の思いを体現させようとしてくれてる。
一生懸命、私を守ろうとしてくれてんやね。


今、失業中の私やけど
おっちゃんはなかなか安易に前の仕事に戻らせてはくれない。
大好きな仕事やったし、
例え会社を変わらないといけない状況になっても
今までは自分で探す前に、すぐ声をかけてもらえた。
だけど今回は違う。
それはずっと「いつかは違うことをしたい」と思い続けてたことを
今すぐやりなさい!
と突きつけられてるような気が・・・。


それを始めるまでの生活費を稼ぐ仕事を、との思いも
もはや許してくれない勢いです。
決まりかけた仕事もどんどん消える。
なんで!?
何が起こってんの!?


でも私はそれを年のせいとは思えない。
不況のせいとも思えない。
自分に正直に生きなければ、もはや暮らしていけない時代なのでは・・・?


今までの生活を変えなくてもうまく暮らせる人はモチロン沢山いるやろう。
私は多分、深いところでずっと葛藤があったのかもしれない。
今 以前の仕事に戻れたら、怠け者の私はきっとまた自分に言い訳をして
何も始めない。
何かを始めるのが大事なワケではない。
問題は私の中に「いつかやりたい」とおもってる事があるのに
「今はまだ出来ない」と言い続けてる事。
なんかくすぶってんやな。


ちっちゃいおっちゃんは私のそのバランスの悪さ、いさぎ悪さも見事に見せてくれる。


確かに今、私は大変なんやけど
すごく不安なわけではない、不思議やけど。
グウタラな私も、腹くくって腰あげろってことなんやろな。
う~~~ん、何から始めれば・・・?


まずは美味しい晩御飯やね。




あんたの飯代も稼がないとな。
a0170017_1757786.jpg

a0170017_1757422.jpg


  ・しゃべっている通りの人生になる。
  ・金持ちの家にはガラクタが無い。
  ・本は7回読めば自分のものとなる。

今日、目にはいった言葉です。
ああ、お腹すいた・・・。
[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-05-10 18:13

上野の森のシルバーバック

a0170017_15502698.jpg

お江戸2日目は上野動物園。
大好きなゴリラに会いたくて。
赤ちゃんの『コモモ』に会いたくて。なのに・・・。


す~~~~~~~~~~っごい人やったし!!!
コミコミやったし!!!!



当たり前か。  世間はGWたけなわやもんな。
しかしこんな混雑した動物園は初めてよ!
ずうぅぅぅ~~~~っと先まで人の頭しか見えへん。
自分の足元さえ危ない。
おまけにベビーカー軍団と、kidsたちを肩車したオヤジ軍団が怖くて・・・。
あの軍団の方たちって、なんでいっつも突進してくんだ!?


人の足をベビーカーで轢きまくろうが、
肩車した子供の靴先が人の顔を突きまくろうが全くお構いなしやもん。


ま、わが子にひとめ見せてあげたいとはやる気持ちもよく分かる。
あの暑さと人ごみを、子を守りながら回るのも疲れるやろ。
だから 許す!


う~~~ん、オトナ。


だってゴリラに会えたから。
さすがにギウギウの人やったから、コモモちゃん見るのは無理でした・・・007.gif
でも、立派なシルバーバックに会えた。
これは多分、ムサシさんでしょうか?
なんかもう、
すっごいカッコ良かったよ!!!


野生のゴリラはシルバーバックを中心に複数の女子と子供たちでひとつの群れをつくるらしい。
その群れを制御するシルバーバックは力でもってそれをするのではなく、
知恵やオスとしての自覚、自信で群れをまとめていくんやて。
大人のオスは、女子たちの尊敬を集めながら立派なシルバーバックに育つんやろ。
ああ、素敵です。
気は優しくて力持ち!
そして圧倒的な存在感と美しさ!
ゴリラのような男はいないものかねぇ・・・。
求む!ゴリラ男子!!!



って、こんな大阪の端っこで熱いラブコールを送ってるおばさんがいることを、
彼はもちろん知りません。
a0170017_16194893.jpg



そして何だか一日中歩いてた気がするのに
ゾウとニホンザルとシロクマと、遠目にライオンを見ただけ。
『カバもキリンもハシビロコウも見てないやん!!!』
気づいたときはもう新幹線の時間が迫ってて、
だけど彼らは遥か遠く西園の奥。



・・・・・・・・・・。
リベンジを誓って帰るしかない。



しかも『ゴリラのハナクソ』っておみやげがあるよって聞いてたから
園内のおみやげ屋さんで聞いたけど『知らない』と言われ、
(友達なんて鼻の穴に指つっこむマネまでして聞いてたぞ)
なのに「新幹線の時間が~~~!!」って走って駅に向かってる私たちの目と鼻の先に
『ゴリラのハナクソ』が・・・!
そう、園外でしか売ってなかったのね。
でも買えなかった。
時間がなかった。
横目で走り抜けながら、
リベンジを誓って帰るしかない。



ってワケで、待っとけよ上野動物園!
I'll be back!やからな!
soon!やからな!



そして、2日ぶりに帰った我が家のへタレなシルバーバックは・・・・・スネてた。
a0170017_16385975.jpg

そしてシマオも襲われた。
a0170017_16402386.jpg

友達に貰ったにゃんこソックスも。
a0170017_16414639.jpg

襲われた。
a0170017_16422017.jpg
 一件落着!



だけど上野の森は本当に美しく、気持ちよく。
葉っぱがキラキラして、木たちも楽しそうやった。
私はこの森でゴリラのハミングが聞きたいな、と思った。
a0170017_16455931.jpg

[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-05-08 17:00

レーネンさん

a0170017_1612443.jpg
今回のお江戸のメーンイベントは、
ウィリアム・レーネンさんのワークショップに参加することでした。
レーネンさんはハワイ在住の素敵なおじいちゃん。
声が大きくて、笑顔が素敵なチャーミングな方です。


スピリチュアルという言葉の定義は本当に人の数だけあるし、
それを自分への言い訳に都合よく使う人もいれば、ただの『流行もの』みたいに扱う人もいるやろう。


私はレーネンさんの哲学がとても好きだ。
『スピリチュアルとは、人と自分をどう扱うかということ。
 そして、あらかじめ嫌な出来事を予期・予測しそれを避けるということではなく、
 人生のいろんな経験にどう対処するのかが大切であり、
 何が起きようと自分で責任を取るということが大切。
 そしてその経験が、過去世からの未完了の部分にバランスをもたらす。
 自分の感じることを尊重し、信頼できれば 
 あらゆることを超えていける強さとなる
 』


そしてレーネンさんはいつも
『正直でいることの大切さ』を伝えてくれる。
『サイキックとはよく笑うことである』というのも大好きなレーネンさんの言葉。


今回は、自分の五感を使って直感やメッセージを受け取る、感じるというワークがメインでした。
頭で考えすぎて感じる事をちょっとないがしろにしてきたから、自分の声が聞きづらくなってる。
頭で考えすぎて自分を信頼できなくなってるから、すぐに迷ってしまう。
それがちょっと辛くなって、このワークに参加したのかなぁ。
単純にレーネンさんに会いたかったってのもあるけど。


だけど五感を使うって難しいことじゃなくて、
子供のころに無意識でやってたようなことやよなぁ。
長く感情を無視してきた身にはちょっと練習が必要みたいやけど。

だって
自分の声は本当に本当に微かで小さい
 から。

でもその『微かで小さい声』をちゃんと感じていこう。
今の私にとても大事なことや。


そしてレーネンさんは言う。
『正しい選択をしたい、間違った選択はしたくないというが
 そもそも選択に正しい・間違いはない。
 経験があるだけ。
 選択の結果が気にいらなければ、またそこで違った選択をすればいいだけのこと。』
自分にも人にも正直でありたいね。



オレはいっつも正直よ。  (・・・知ってるってば)
a0170017_1620634.jpg

そして今日も沈みゆくサク。  
あの~~~、そこにはクリーニングしたお気に入りのストールやマフラーが・・・。
a0170017_16215939.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・ま、いいか。054.gif


そしてお江戸の旅はもうちょい続く。

 
  
[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-05-07 16:54

岡本太郎

a0170017_17584364.jpg

今回のお江戸の旅で、やっと岡本太郎記念館に行けた!!
ずっと行きたかったのに、なかなか行けなかった。
川崎の太郎さんの美術館も素敵やけど、ここも素晴らしかった。
なんといっても『気配』を感じる。
太郎さんのエネルギーと、敏子さんのエネルギー。
なんだか息遣いまで聞こえてきそうやった。

a0170017_1863368.jpg



敏子さんは太郎さんが亡くなってから一度、お目にかかったことがあるけど、
まるで太郎さんがのりうつってるみたいにソックリやった。
とてもエネルギッシュでチャーミング。
魅力的な方やった。
敏子さんがいらっしゃる時に、ここに来たかったなぁ・・・。
この太郎さんと敏子さんの暮らしたおうちは今でも不思議なエネルギーに満ちていて
とても居心地がいい。
そして「撮影は自由ですよ」と言ってくださるのもまた、
このせちがらい世の中であまりにせちがらくないので嬉しかった。
う~~~ん、太っ腹!



a0170017_18145057.jpg

そして太郎さんのとても力強くて美しい写真の数々もスライドで見れた。
私は太郎さんの写真がすごく好き。とても好き。
撮られた人やものたちは、太郎さんにいろんなものを引き出される。
自分でも全く気づいていなかった自分の中の色とか匂いとかエネルギーとか美しさを。



もう、なんでこんなにきれいやねん、みんな!!
しばし時間を忘れて引き込まれたよ・・・。
ありがとう太郎さん、敏子さん。




しかし、渋谷や南青山あたりなんてここ何年も歩いてないから
しょっぱな渋谷の駅構内でいきなり迷った!!
(駅構内で迷うって・・・?)
JRの駅員さんにハチ公んとこまで誘導していただいたハタ迷惑な私でした。ハハハ。



しかも
南青山の交差点のド真ん中でカエルみたいにすっ転んだし!!



とても恥ずかしかったし!!

そして
とても痛かったしっ!!!



ひとりぽっちやったし、痛くないふりで立ち去ろうとしたけど
それも出来ないくらい 痛かった!!
まわりにいた人たちも一瞬固まってた・・・。
まぁ大人になって、こんなにすっ転ぶのもなかなか無い経験やな、ハハハハハ。
・・・そして私の膝はズルむけでした。




でも久々会えた友達にあみあがったバッグもプレゼントできたし。
a0170017_18461748.jpg

盛りだくさんで楽しい二日間やった。
(まだまだ続く、お江戸の旅報告。)




だけど。
今頃サクはどうしてるかなぁ・・・。
a0170017_18472150.jpg
明日の夜には帰るからねぇ。
なんて思いながら東京の夜は更けていったのでした。
[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-05-05 18:59

明日はお江戸

風も爽やか、ポカポカな今日。
久々に妹や甥っ子姪っ子たちと近くの公園でバーベキュー。

ちょっと前までみんなチビっ子やったのに、
いまやすっかり育ってしまって頼もしいかぎり。
炭熾しの役目も甥っ子君が立派にこなしてくれるように。
a0170017_22521685.jpg

ってこれ、時の流れが速すぎないか!?
時間にだまされてんじゃ・・・?
何だか両親のこと思い出したり、子供だったころのあれこれ思い出したり、
妹としみじみした一日でした。
ビールはちょっと飲み過ぎました・・・。



公園の木たちも気持ちよさそう。
そしてこの桜の木からは毛虫がいっぱい落ちてきただよ・・・。
a0170017_22554836.jpg


花もいっぱい。   これは何の花や?
a0170017_22575590.jpg

ハナミズキの花も満開で、公園がとても素敵なことになってました。




そして私は明日、お江戸です。
大好きなウイリアム・レーネンさんのワークショップに参加してきます。
レーネンさんに会える。
楽しみ!



あなたは二日間お留守番しててね。
a0170017_2322033.jpg
  なにっ!オレ留守番!?

そうそう、よろしくね。
[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-05-02 23:12

ウニヒピリ

a0170017_1151793.jpg

ホ・オポノポノのヒューレン博士の新しいインタビュー本が出ました。


「ごめんなさい」
「ゆるしてください」
「ありがとう」
「愛してます」
この4つの言葉でクリーニングするホ・オポノポノ。


良い・悪いのジャッジをするのではなく、その人をそのまま受け入れる。
他人をありのままで受け入れられない人は、結局自分の事も受け入れられない。
自分の事も批判してしまう。
そして潜在意識は他人と自分の区別がつかないから、
結局ずっと自分を責め続けてることになる。
そうすると自分の中のもう一人の自分であるウニヒピリをものすご~~~く痛めつけてることに。


この本を読んで、その事が更によくわかった。
いい本書いてくれました!
無意識に自分に鞭打つのは今すぐやめましょうねぇ~~。


あ、それと最近ちょっと思うのは、
「ありのまま受け入れる」ということを
「どんなひどい事をする人のことも受け入れて 好きにならないといけない」みたいに思われてる人もいるようですが・・・。


それは違います!(と思います)
嫌いは嫌いでいいんです!!!(と思います)


私は嫌い、でもこれはこの人の考え方、って思うのはOK。
私は嫌い、だから消えていなくなればいいのに、これはNG。
「あの人のこうでこうで、こんなとこが大嫌い!」って人に言いふらすのもNG。
「あの人は間違ってる!だからこう変わるべきだ!」 これもNG。


う~~ん、なんとなく分かってきた気が・・・。


そして、誰かの歌にもありました。
人はみな鏡だからって。
これもそのとおりで、ある意味こわい。
自分の中の『目をそらせたい』ことほど、それを見せつけてくれる人を引き寄せるみたい。
目の前のこの人の、大嫌いなところ。
それこそが、自分のなかにもあるのに自分が全く認めてないところ。
認めないというか、認めたくないから胸の奥の奥に仕舞いこんでしまってる感情。


気づいたらひとつずつ取り出して、
「こんなドロドロがあったんやね、よしよし」って虫干ししましょう。
(で、4つの言葉でクリーニングしましょう。)
自分で自分の感情に気づかないふりをする限り、それを見せてくれる人が現れ続ける。  
らしいよ・・・。


ほんま、宇宙って上手くできてるんや!!
と、そんな事をつれづれ思った一日。  サクは・・・。


シマオを紹介してみた。
a0170017_261729.jpg
仲良くしてくれるかしら・・・?
a0170017_271653.jpg
  ・・・・・。
a0170017_27399.jpg
   ・・・・・。
a0170017_281591.jpg
  (やっぱコイツはケダモノ・・・。)





銀木犀の花も咲いて。
a0170017_292376.jpg

a0170017_2111618.jpg

今日もおやすみなさい・・・。
[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-05-02 02:22