yamanekoのサクサク日記

yamaneko39.exblog.jp
ブログトップ

2010年 06月 27日 ( 1 )

対極にあるもの~デュアリティ

そもそも地球って、二元論でなりたってるんだそうです。


男性と女性。
ポジとネガ。
受け取ることと与えること。


必ず対極にあるものがセットなんですね。


でも、人のココロが勝手に作り上げた対極もあるかも。


良いと悪い。
正しいと間違い。
自分と他人。


どちらか一方だけしか認めない!と思ったとき、
人はとても苦しくなるのかな、と感じたことがありまして。
今週、続けてそういう場面に居合わせて気づいたことが。


一人は職場の『仕事出来ない男』の対処に悩むKちゃん。
そしてもう一方は長年お付き合いしながらも結婚に至らず、みんなで飲んでる場で感情が爆発してしまった
彼女とその彼氏。
第三者がいることで話しやすくなったのか、かなり周囲もまきこんだバトル(これはおおげさ)になったのですが。
事情はちがうけれど、この二つの話は根本的には同じだな、と感じた。



出る言葉の多くが
『普通ならこうでしょ』
『本当に気持ちがあればこうするハズでしょ』
『私は間違っていない』
『私が間違ってない以上、間違ってるのはあなただ』
そしてその話のなかに一番見えるのは『私を認めて欲しい。私が正しいと言ってほしい』という思い。



『ものごとってひとつだけの正解があるわけじゃない』ということと、
『自分に意見や感情があるように、相手にも意見や感情があって、
それは違ったままでもいい。
違ったままでお互い尊重すればいい』ということを
気づかせてもらえた出来事でした。


『自分の周りにいる、自分とは相容れないものを受け入れる』って
つくづく難しいんだな。


だけど『相手を納得させて、正しい意見はこれだ、と認めさせよう』という思いが無くなれば、どれだけスムーズに、そして正直なコミュニケーションができるんだろう。


本当の意味で違ったものをそのまま受け入れられた時、
自分の意見をむりやり変えなくては、とか
相手の意見をむりやり変えなくては、では無くて


私と相手はこんなに意見が違うけれど、
お互い間違いではないよね、と思えたとき、


多分 自分の中にある明るい部分と暗い部分も
そのまま受け入れることが出来るのかも。


自分の感情や意見を他人に分かってもらいたい、という思いもなくなるのかも。
自分の正しさを証明したい、という思いもなくなるのかも。


自分には自分の大切な経験がある。
人にも人の大切な経験がある。
だから『人のことを何とかしてあげないと』とか
『この人の幸せのために、この人を変えてあげないと』
なんてことはどんなに思っても無理なんやろ。


人って自分以外の人を幸せにすることは出来ないと思う。
ただ『幸せを願う』ことが出来るだけ。


う~~~ん、レーネンさんがいつも言ってることを
目の当たりに学んでしまった。


彼女たちは今、苦しい思いの中にいる。
私もまだまだそう。


でも対極にあるもの、
デュアリティを受け入れられたとき、
生きていくのがちょっと楽になるのかも・・・。
なんてことを思いました。





a0170017_15195551.jpg
いつも、全部をそのままに受け入れてくれてるサクに感謝。
a0170017_15212097.jpg
ありがとう。



a0170017_15221856.jpg
そして、美しい空にも雲にもありがとう。
[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-06-27 15:31