yamanekoのサクサク日記

yamaneko39.exblog.jp
ブログトップ

働く、ということ。

ずっと前に、
父や母が何度も入院してた時、
病院の先生や看護士さんたちに
本当にお世話になった。


いつも落ち着いていて父や母を安心させてくれた先生。
ベッドの脇にすわり、母の手を握りながらじっと話を聞いてくれた先生。
夜勤明けで大変なときも
明るい笑顔で元気付けてくれた看護士さんたち。
廊下で泣いてる私の肩をそっと抱いてくれた婦長さん。


本当に心から仕事をしていた皆さんだった。


私は、この人たちが、この大変な仕事をされてる人たちが
仕事を離れた日常で
せめてイヤな思いをしませんように、と願った。


美味しいご飯がたべたいな、と入ったお店で
楽しく買い物したいな、と入ったショップで
お茶を飲んでひと休みしたいな、と入ったカフェで


そこのお店の人のココロない一言やイライラした態度で
イヤな思いをしませんように。


大勢の人を迎えるお店で仕事をしてると
つい目の前の人を『お客さんの一人』として見てしまう。
流れ作業のように、大勢の中の一人だと。


だから『今日は私は二日酔いで気分が悪いし』とか
『昨日彼とケンカしたからイライラしてるし』とか
ただ『忙しすぎて、いいかげんにしてくれ』とか。


そんな思いを無意識に目の前のお客さんにチラッと見せてしまう。
ぶつけてしまう時がある。


『人間だからしかたないやん』って自分で言い訳する。


だけど、たまたまその人にあたってしまったお客さんは
その一言、そのちょっとした態度で
その日の気分を台無しにされてしまう。


以前、ショップで仕事をしていたとき、
毎週同じ日にお店に寄ってくださる方がいた。


お買い物をされる日もされない日ももちろんあったけど、
いつもきれいにオシャレして、楽しそうにお話されて帰っていかれた。


あるとき、
『私ね、実は毎日義母の介護で大変なのよ。
でも毎週この日はショートスティで一人の時間が持てるから、
ちょっとオシャレして、美味しいお茶を飲んで、
ここのお店でカワイイ洋服をみて、いっぱいお喋りするのが本当に楽しみなの。
それで元気をチャージするの』と話されるのを聞いて
ちょっと胸がつまった。


でも、ちゃんと自分も楽しもう、というココロがとても豊かだし、
そういうことをサボらないのがステキだなと思った。


そして、『楽しもう』とお店にきてくれるこの人の気持ちを
私の何気ない言葉で台無しにしなくて良かったと思った。


私の目の前にいるこの人は
大勢の中の一人じゃない。
昨日、夜勤を終えた看護士さんかもしれない。
おばあちゃんのお世話をずっとして、つかの間ホッとしたい人かもしれない。
会社でイヤなことがあって、それでも頑張ってる人かもしれない。
彼氏と別れて、死ぬほど泣いた人かもしれない。



だから。
目の前にいるこの人の気持ちを壊すようなことはしないように。
私と会ったことで
この日一日の気分を台無しにすることはしないように。


それからの私はそんな気持ちで仕事をしました。


スタッフの人たちにも、いつもそう心がけてねと話しました。


人によって、働くということの軸は違うだろう。
どうか、その軸がぶれないようにしてほしいと思う。


だから私はお店なんかで
めっちゃメンドくさそうに仕事してる人や
楽しくなさそうに働いてる人をみると
やめてしまえ!!!
と思ってしまいます。


コワイよ、フフフ。


あー、早く仕事したいよ!!



a0170017_13303524.jpg

           サクは暑くてボ~~~。・・・・だ、大丈夫ぅ?



あ!!
この前のミニセミナーの様子もアップしちゃおう。
a0170017_13284777.jpg

ちっちゃいおっちゃんの話も、マリーさんのワークも
ますますバージョンアップしちゃいますねぇ。
お楽しみに。


記念写真にちっちゃいオーブが写ってたよ。
楽しんでくれてたスピリットだといいなぁ。




a0170017_13333100.jpg


      
[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-08-21 13:42