yamanekoのサクサク日記

yamaneko39.exblog.jp
ブログトップ

声と音

a0170017_1252392.jpg


2日前のブログに書いた、ある人に言われたことで
子供のころの自分に意識をむけてみたら
まるでフタが開いたようにどんどんいろんなことが思い出されて、
ホントに私はあまりに悲しかった子供のころの出来事を
『無かったこと』にしてたんだな、と思った。


ちょっとキツい作業やったけど。


あんなにちいさな子供だったのに
すでに自分の感情をこんなに抑えてガマンばっかりしてたんだ、と。
泣くことすら『いけないこと』だと言われ
ガマンしてたんだ、と。


1時間くらいも泣いてしまった。
悲しいんじゃなくて、
子供のころの自分がいとおしくて仕方なかった。


そういう精神状態で行ってきました。
昨日、神戸芸術劇場であった『声と音』によるコラボの[Sound Healing]


『ヒーリング?』


もともとヒーリングって?みたいなところもあり、
まぁ、なんとなく気持ちがいいとか
ゆったりとする、とか
そんな感じかな?と思ってた。


『癒す』とか『癒される』という言葉も
あんまり好きじゃなくて
自分では使わなかった。
意味もちょっとわからなかったし。


『サウンド ヒーリング』
クリスタルボウル・風鈴・パーカッション・ダンスそして声。


始まって前半はなかなか集中できなかった。
いろんな思考で頭がパンパンで
全然リラックスもできない。



楽しくない!!



ホントにそう思った。
帰りたい、とまで。



後半にはいってすぐ、声音パフォーマーのブライアン・マーティンが
アフリカの美しい歌を教えてくれて、
会場のみんなで歌った。


最初は小さな声だったけど、
どんどん大きな声になり、
なんと美しいハーモニーになり、
会場が震えるくらいのきれいな歌声になり
思わずブライアンが泣いた。


なんかキラキラ光であふれてるみたいになった。
そして私も『歌う』ことでなんか自分のエネルギーが動いた気がした。


そのあと、6人の声のハーモニーや
板倉リサさんのダンスや、
最後に尾崎里美さん(『ちっちゃいおっちゃん』の本が出ましたよ~~!)による
チューニングの間中、
なんでだか涙がダダ漏れ状態。


悲しいからではなく、
感動したからでもなく、
『なんで泣いてんだ!?』なんだけど
涙が止まらない・・・!


あとで聞くと、
自分のなかのチャクラやエネルギーコードに詰まってたものが外れるとき、
涙がただ出たりするそうだ。


これがいわゆる『癒し』なんでしょうか?


そうだとしたら
『癒し』ってけっこう厳しいものなのかも。
それと決して人から一方的にされるものではないのでは・・・?


自分の意志で参加しないと
『癒し』は起こらないのかも。


それにしても人の体や声、
それと人の創りだす音。
無限に素晴らしいよねぇ、本当に。


私も自分の体や思いでできることを
ちゃんと表現していこう。


笑うこと・喜ぶこと・遊ぶこと・働くこと・
愛すること。
このことには怠けないでいたい。



そしてサクもなぜだか動かない・・・。なんと30分もこのまま。・・・重い!!
a0170017_1339267.jpg

a0170017_1341371.jpg
 んだ、てめぇ~~!015.gifの顔になってるよ・・・。



子供のころを思い出してたとき、
『ああ、父親も人間だったんや。
決して完璧ではなかったんやな』という
あたりまえのことにハッと気づいた。
父親もきっと苦しかったんやろうなって。

父はもう亡くなってるけれど、
私が子供のころから握りしめてた思い込みを手放せたら、
父もきっと楽になるんやろな、
ふとそう思った。
[PR]
by YAMANEKO-NOTE | 2010-07-11 13:51